合宿免許の1日の過ごし方について

合宿初日の流れ

合宿免許は、入所から卒業まで遠方にある教習所に通学して、その近くの寮や提携ホテルに滞在するのが一般的です。初日は、教習所最寄り駅に集合してからバスに乗って入所式に参加し、適性検査受講を終えたら第一段階の学科と技能の各教習を受け始める事が出来ます。教習所近くにある寮を拠点にする場合は、入寮手続きをする必要があるので、入寮までは荷物の管理をしっかり行っておく事が大切です。

2日目以降のスケジュール

2日目以降は、朝から夕方まで学科と技能に集中する事が可能で、朝7時頃に起床して生活を始めます。8時前後に朝食を終えたら、寮の場合は徒歩で教習所に向かい、ホテル暮らしの場合はマイクロバスで教習所へ送ってもらいます。1日平均の学科と技能の受講数は、5コマから7コマである事が多く、空いた時間は効果測定の勉強や、技能面で気になった事を教官に聞く時間に充てる事が出来ます。2日目から卒業日の前日まで同じようなスケジュールで過ごしますが、最終日に関しては卒業検定と卒業式のみが行われます。

食事や休みの日の過ごし方

合宿免許の生活で一番気になる事は、どんな食事を食べられるかですが、多くの合宿では毎回の食事を売りにしているので、最終日まで楽しく過ごす事が出来ます。寮に滞在する時は、朝食と夕食を寮で食べるのが普通であり、ホテルに泊まる人はホテル内のレストランで朝食と夕食を食べます。昼食は、教習所内の食堂で取る事がほとんどで、定食か弁当が提供されます。ホテルの朝食と夕食に関しては、ビュッフェスタイルで食べられる事が多く、自分の好きなメニューをたくさん食べられるメリットがあります。なお、寮生活は朝食と夕食を自分で準備する自炊プランが一部の合宿で提供されていて、そのプランを選んだ場合は、入所者本人がスーパーマーケットなどで食材を買っておく必要があります。

合宿免許は、毎日教習に取り組める教習所か、1日だけ休みを設けている教習所に分かれていますが、休みがある教習所の場合は近隣のレジャー施設に滞在する事が出来ます。ゴルフ・日帰りツアー・テニス・温泉といったレジャーが楽しめるので、休みを充実させたい場合は事前に施設予約を行っておく事が大切です。合宿免許の一部は、他の合宿免許と差別化を図るために特典を提供していて、若者に喜んでもらえるようなケーキバイキングやエステ体験などがあります。特典は無料か格安で利用する事が出来るので、合宿中に心身をリフレッシュしたい場合は、事前に特典を調べておくと良いでしょう。

合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です