合宿免許に持っていくと便利な持ち物紹介

洗濯用品はあると意外と便利

合宿免許は教習所が用意してくれた宿泊施設で2週間ほど過ごすことになるため、どうしても溜まってしまいがちなのが洗濯物です。人によってはいったん自宅に持って帰ったりコインランドリーを利用する人も多く、宿泊施設によってはランドリーの設備が用意されていることもあります。ただ自宅に持って帰ったりコインランドリーを利用するのは手間や時間がかかりますし、ランドリー設備を利用すると洗剤を別途購入しなければならずそのコストも意外と高めですよね。

そのため洗剤を事前に持ち込んでおくとコストをかけずに備え付けのランドリー設備を利用できますし、長期旅行用の洗濯グッズなどを持ち込んでおけばより手軽に洗濯をすることができます。百均など安価なお店で洗濯グッズを販売していることも多くなっているほか、近場に洗濯グッズを販売しているところがあれば追加で購入することもできるのでおすすめの持ち物です。

洗面用具や入浴用具も持参しておくと安心

歯ブラシやタオル、ドライヤーのほかにも、シャンプーやリンスは宿泊施設に備え付けられているものが多いですよね。このような洗面用具や入浴用具は荷物になってしまうからと持ち込まない人も少なくありませんが、宿泊施設によってはアメニティとして備え付けられていなかったり自分の肌に合わない場合があります。特に直接肌に付けることが多いシャンプーやリンス、石鹸やボディソープの場合は人によっては好みやこだわりがあるため、持参しておくと安心です。

またタオル類はバスタオルはかさばってしまうため持ち込まない方がいいとされているものの、通常サイズのタオルであれば備え付けのものだと足りないこともありますよね。そのため万が一に備えて何枚か持ち込んでおくと便利ですし、教習所に行く際に持っていくと様々な場面で活用することができます。

娯楽関係の道具は暇つぶしに最適

他にも持ち込んでおくと便利な持ち物として挙げられているのが、娯楽に関する持ち物です。合宿免許は教習所での講義や実技の時間以外は自由に過ごすことができ、宿泊施設に戻ってからは基本的に自由行動とされています。そのため教習所で次の講義や実技までの時間つぶしを考えておかなければいけませんし、宿泊施設での暇つぶしの道具はあった方がいいと考えられているのです。例えば携帯型のゲーム機や雑誌・小説・音楽プレーヤーなどが挙げられているほか、携帯電話やスマートフォン・タブレットで時間を潰したいという人はそれらの充電器も持っていく方がよいと言われています。

 

合宿免許ムーチョ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です