合宿免許で所得できる自動車免許の種類は?

合宿免許のメリット・デメリットとは?

合宿免許とは、宿泊施設に滞在し教習を受ける自動車免許の取得方法の一つです。通常、自動車免許を取得するには教習所や自動車学校に通う必要があります。普通自動車免許の場合には教習所や自動車学校であれば最短で1ヶ月、時間がかかる場合には10ヶ月程度かかる場合もあります。教習所や自動車学校は自分のペースで通学するため仕事や学校などと並行して通うことができますが、その反面、免許取得までに時間がかかるデメリットもあります。

合宿免許の場合には、集中的に教習を受けるため短期間で免許を取得できるメリットを持っています。宿泊施設を併設している教習所や宿泊先のホテルから教習所まで送迎サービスがある場合もあります。合宿免許は一般的に普通免許であれば2週間ほどのカリキュラムで免許が取得できるので、特に学生が春休みや夏休みなどのまとまった休暇中に免許を取りたい場合に最適です。また免許取得までの費用も比較的安くすることができます。まず合宿免許であれば、自宅などから自動車学校に通う交通費がかかりません。また宿泊費や教習費などが全て含まれたパック料金が主流のため、検定に通らなかった場合の追加料金は発生しません。時間とコストがかからないのが大きなメリットです。デメリットとしては、2週間程度のまとまった休みが取れない場合には利用が難しいという点です。その他には春休みや夏休みには多くの学生が利用するため予約がいっぱいになりやすいという点もあります。

合宿免許で取得できる自動車免許の種類は?

合宿免許で取得できる免許の種類は様々ですが、普通車・普通二輪・大型二輪・準中型車・中型車・大型車・大型特殊・けん引・普通2種・中型2種・大型2種に対応している教習所があります。普通自動車免許は普通自動車と原付などを運転することができ、最も一般的な運転免許です。普通二輪は自動二輪車免許といい原付〜総排気量400cc以下までのバイクを運転することができます。大型二輪は正確には大型自動二輪免許といって排気量が400ccを超えるバイクを運転する場合に必要になる免許です。準中型車は準中型自動車免許といって18歳以上から取得ができ、車両総重量が7500kg未満で最大積載量4500kg未満、さらに乗車定員が10人以下という三つの条件を満たす車を運転することができる免許です。準中型自動車免許を習得すれば2トントラックや3トントラックを運転することができます。

中型車では、車両重量が11000kg未満で最大積載量が6500kg未満、さらに乗車定員が30人未満の車を運転することができます。4トントラックや乗客を運送するマイクロバスも運転することができます。大型車(大型自動車一種免許)は11,000kg以上で最大積載量が6500kg以上、乗車定員が30人以上の車を運転することができます。ダンプカーやトラックカーなどの車両の運転が可能です。大型特殊は建築などの作業車や道路清掃車、フォークリフトなどを運転することができます。一例をあげるとショベル・ローダ、ホイール・クレーン、アスファルト・フィニッシャなどを運転することが可能な免許です。

けん引では、車両総重量が750kg以上で自走することができない車を牽引することができます。トレーラー、タンクローリー、カーキャリアーなどの運転ができる免許です。普通2種(第二種運転免許)は運転できる車両は普通車両ですが、旅客の運送を目的とした運転をすることができます。この免許でタクシーの運転が可能になります。中型2種は中型免許で乗れる車両で旅客の運送を目的とした運転をすることができ、送迎バスや観光バスの運転手になることができます。大型2種(大型自動車第二種免許)は難易度の高い最上位の免許です。大型車で乗ることができる車両で旅客の運送を目的とした運転をすることができます。30人以上乗れる観光バスや路線バスなどの運転が可能になります。

ほぼ全ての免許を合宿免許で取得することは可能ですが、教習所によっては実施していない免許の種類もあるので、事前に確認をする必要があります。転職などのスキルアップのために大型や2種免許を短期間で取得したい場合には合宿免許がオススメですが、近くの教習所に取り扱いがない場合には対応している教習所を探さなければいけません。そのような時には教習所までの往復の交通費の補助がある教習所を利用しましょう。交通費の補助には各教習所によって条件や上限などがありますが、この補助制度を利用すれば遠くの教習所に通う費用をコストをカットすることができます。自宅より遠方の教習所に泊り掛けで行くので、その土地の温泉やご当地グルメを楽しむのもオススメです。

 

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です